ビジネスフォン(ビジネスホン)にする理由

ビジネスフォン(ビジフォン・ビジホン)は、多数の外線と内線を共有して電話が受けることができるビジネス用電話装置システムのことです。

iphone Image

ビジネスフォン(ビジネスホン)のセキュリティ対策

IPネットワークやモバイルの活用を 実現するほか、不審者の侵入や地震への対応など、 さまざまな先進機能をコンパクトなボディに凝縮。 SOHOや店舗などの小規模事業所等、多彩な業種に ぴったりフィットする有能なビジネスフォン(ビジネスホン)のコミュニケーションパートナーとして活躍します。

中古のビジネスフォン

ここ数年は、中古のビジネスフォン(ビジネスホン)の市場流通量も増えてきていて、価格も大分こなれてきました。 ですので、新品や中古といった、ビジネスフォン購入の選択肢が増え、ビジネスフォンを低価格で導入し易い状況になってきました。 ビジネスフォンというのは、メーカーや型番で機能が異なります。しかし、最近ビジネスフォンの中古流通量が増えてきたおかげて、 ビジネスフォンの電話機としての基本的性能は、新品でも中古でも違いが無くなってきました。

何故リース契約なのか?

ビジネスフォン(ビジフォン・ビジホン)の場合は、電話機以外にも電話番号を交換する機械(CTU)等が必要となり周辺機器代が結構な金額となってしまいます。 そのため、一般的にはリース契約を交わす方が多いです。

ビジネスフォンの台数

ビジネスフォン(ビジフォン・ビジホン)は、御社の会社規模や業務内容によって台数が二台から数百台、電話回線の本数も一回線から数百回線までの接続が可能です。 御社様のビジネス内容・業務規模によって、ビジネスフォンを導入する場合には、電話番号の数・電話回線の種類・レイアウト・予算などを確実に見極めた上で、ビジネスフォンを計画的に導入してください。 (解らないことがあれば、弊社スタッフがお客様に、親切・丁寧にご説明いたします。) ※将来的なビジネスフォンの電話番号・電話機の増設なども考慮し、御社様のコストの削減のお手伝いをを私どもがさせて頂きます。

良品中ビジネスフォン

中古ビジネスフォン(ビジネスホン)はその機種によって、ビジネスフォン(ビジネスホン)特定の機能を使用する時に、そのビジネスフォン(ビジネスホン)に必要なユニットを搭載する必要がある場合がございます。
また同じビジネスフォン(ビジネスホン)・ユニットであったとしても、そのビジネスフォン(ビジネスホン)の型(発売時期等)により使用できない機能がある場合もございます。
もう一つの注意点としては、以前使用していたビジネスフォン(ビジネスホン)の機種と新たに中古で購入したビジネスフォン(ビジネスホン)の機種によっては、ビジネスフォン(ビジネスホン)に付いているユニットとの互換性がない場合がございます。
また、弊社で取り扱う中古ビジネスフォン(ビジネスホン)は、出荷前にビジネスフォン(業務用電話機)専門の技術スタッフが、しっかりと機器の検査やお客様の環境を調査委してからビジネスフォン(ビジネスホン)を設置をしているので安心してご利用頂けます。

App screenshot img
App screenshot img
App screenshot img
App screenshot img
App screenshot img
App screenshot img
App screenshot img
App screenshot img
App screenshot img
App screenshot img

ビジネスフォン(ビジネスホン)を導入・買い替えまたは、リース・再リースをご検討中のご担当者様へ

インターネットやスマートフォン等の普及に伴い、音声をIPデータ(パケット)に変換し、通信料を安価にするVoIP通信が今脚光をあびています。
弊社のIPフォンは、IP中継電話サービスで実績のある会社のネットワークと、ブロードバンドアクセス回線を利用した次世代の音声ビジネスフォン・サービスです。
通常の電話回線の利用を最小限に控えたことで実現可能な、従来と比べて頂いても大幅な通話料金の削減が可能となり、ビジネスに威力を発揮します。
※既存のアナログ・ビジネスフォン(ビジネスホン)電話回線を使用し、活かしたままでもIP電話(IPフォン)回線を使えます。 詳しくはご相談ください。

FAQ

ビジネスフォン導入のメリットは少ない電話回線や1つの電話番号を多くの電話機で分配、共有できるこだと思います。これがビジネスフォン(ビジネスホン)が家庭用電話機よりも優れているところです。 ビジネスホン(ビジネスホン)の導入する事で必要最低限の回線を回線を増やし、内線電話で共有し、利用でき、導入費用・月々の基本使用料が削減が見込める事です。
ビジネスフォン(ビジネスホン)の種類により、対応出来る機種(環境含む)と出来ない機種(環境含む)がございます。工事費と派遣費が発生します。詳細はお問い合わせください。
お使いのビジネスホン(ビジネスフォン)に「転送」の機能がついていれば可能です。携帯電話への転送設定も可能ば物もあります。ビジネスホン(ビジネスフォン)側にに転送機能がない場合には、電話回線のオプションサービスを申し込んで頂く事で同じような機能をにする事も可能です;。
たまに起こる障害です。 まずは全てのビジネスフォン(ビジネスホン)の受話器を置いてください。そして主装置の電源を一度OFFにしてから再度電源を入れてください。
考えられる原因としては

◆NTT引込み線の不良(断線や配線の腐食)
◆NTT保安器の不良(浸水・腐食・雪の重みによる脱落)
◆保安器~宅内MJまでの屋内配線の不慮(断線(家具等による圧迫・ねずみ等)配線の腐食・MJの端子部分の腐食)
◆ビジネスフォン(ビジネスホン)電話機本体の不良(ハンドセット不良・カールコード不良・モジュラーケーブル不良
◆周辺環境(近くを高圧線が通っている・電子レンジが近くにある・無線局がある)
◆ラジオ混入
◆相手側に原因がある

などが考えられます。
お客様の建物の状況、またご利用状況によって、変わってきます。 ビジネスフォン(ビジネスホン)電話の種類で見れば、一般的には、ひかり電話よりも電話回線(ISDN回線、ANG回線)の方が早いと言われています。
お客様の環境やビジネスフォン(ビジネスホン)・主装置等の種類により異なりますが、配線方式や芯線数が同じであれば使える可能性があります。ですが、必ずしも使用出来る訳ではないので、一度弊社ビジネスフォン(ビジネスホン)担当ご相談下さい。 ※ご相談ください。
ビジネスフォン(ビジネスホン)のリースの場合はまずリース会社の契約書、確認書が必要です。
お客様に記載して頂くのは会社情報、代表者情報、口座情報になります。また印鑑は会社印、銀行印、代表者お認め印が必要です。
代表者様の印鑑はシャチハタ印は不可となりますので注意が必要です。
家庭用電話機をビジネスフォン(ビジネスホン)に接続(アナログ)することは可能ですが、ビジネスフォン(ビジネスホン)の交換機種によっては別途オプションが必要です。
はい。中古・新品ビジネスフォン(ビジネスホン)のお見積もりも無料でお見積もりいたしますのでお気軽にご相談ください。
ジネスフォンの主装置故障
ビジネスホンの主装置トラブルシューティングは下記URLを参照してください
ジネスフォンの主装置故障

お問い合わせ

ご質問の内容によっては、担当部署より直接ご回答させていただく場合がございます。 予めご了承ください。