複合機サービスの特徴に関して

同業者の中には、こうしたランニングコストをしっかり説明しなかったため、 お客様から、実際はカウンター料金が高かった、トナー代が 多くかかってしまったなどのご指摘を貰うことがありました。 コピー機を導入される際は、必ず見積もりを取り詳細をご確認ください。

iphone Image

コピー機を選ぶ

コピー機を選ぶ時、まず最初に重視しなければならないのが、月間使用枚数です。
月の使用枚数を算出することで、御社が必要とするコピー機をより正確にご提案することができます。

複合機のランニングコスト

コピー機を使用・維持管理していく上で継続的に必要となる費用となるランニングコスト
カウンター方式以外のトナーキット等消耗品をご購入いただく機種に関しては、印刷率10%の消費量として各社独自で異なります。是非一度お尋ねください。

トナーのコスト

メーカーが算出するトナーのコストは、A4標準原稿で印字率は5~6%が多く見られます。
ですので、写真や文字が多いとトナーコスト(単価)は平気で2倍、3倍、5倍以上かかるケースが多くなります。
★詳しい説明をご希望の方は、お気軽にご連絡お願いいたします。

複合機の機能もっと活かしませんか?

複合機はオフィスに欠かすことのできない機器の一つですが、その性能をフルに使用していない会社もあると思ういます。
複合機はコピー、FAX(ファクス)、スキャン、プリンターなどの機能がその名のとおり複合したものです。
もっと便利に活用出来る様に私共の専門スタッフがアドバイスさせて頂きます。

お薦め複合機

業務用副業機は故障のしにくさ、画質の再現性、タッチパネルの使い勝手など機械としてのクオリティだけでなく、サポート面でもご安心頂けます。様々な複合機を取り扱っているので、一度弊社専門スタッフにご相談ください。

App screenshot img
App screenshot img
App screenshot img
App screenshot img
App screenshot img
App screenshot img
App screenshot img
App screenshot img
App screenshot img
App screenshot img

コピー機のリース契約時注意点

リース契約についてはいくつかの注意点があります
・途中解約ができない リース契約の場合、解約は原則としてできません。
・後日電話機を増やしたいと思った場合は、リースをすることができない リース契約を行う場合、初期の契約に対して電話機を追加するということができないケースがあります。
・リース期間満了後は、電話機等は返却しなければならない。
リース契約は割賦購入ではないので返却しなければいけない場合が殆どです。
お客様ご契約のリース期間が満了した場合は、リースしている電話機やコピー機等その他リース対象の機器は返却することになります。
※延長する場合は再リースが可能です。
※見積もり金額の内容は、事前の設置工事の確認で多少変る場合もございます。

FAQ

複合機とは、コピー機、FAX、プリンタ、スキャナを1台に纏めた機械装置の事です。
昔は各機能が別々なっており、FAX、プリンター等を別々に設置していないといけなかったのが、 これらが1台に統合され複合機が誕生しました。
カウンター保守は、「カウンター機」と呼ばれているコピー機を対象とした保守契約の事です。
コピー機・複合機の保守では、毎月末に使った枚数分だけ支払うというものです。
原則として、月々の基本料金プラス・印刷枚数×契約単価が保守費用として請求されます。
※約単価とは、コピー1枚あたりに課される金額
万が一不注意で破損したときに、高額な修理費が請求される事がありますので、 保守には入っておいた方が安全です。
リース料金が安いのはモノクロ複合機になります。
大体のリース料の目安
例)
モノクロ: リース料4,500円 モノクロ単価2.5円~
カラー: リース料金6,400円 モノクロ単価1.5円~
枚数が少なかったり、カラーを利用しないお客様はモノクロ複合機を選択される場飯もあります。
私共では、お客様のご利用状況に応じて最適なご提案をして参ります。
【リース複合機】
メリット:現行機種なので使用可能期間が長く使える。
カウンター料金の単価が中古より安くメーカーメンテナンスが受けられる。
デメリット:リースの為契約期間がある
【中古複合機】
メリット:本体価格が安い
デメリット:程度が悪いと使える期間が短いくカウンター料金が高い。
メーカーメンテナンスは受けれない(販売店・認定店等が保守を行う)
【レンタル複合機】
メリット:いつでも返却が可能。
デメリット:毎月のレンタル料金が高いくなり、中古機の為利用可能な期間が短くなる場合が多い
カウンター料金が高い。
中古機同様メーカーはメンテナンスは受けれない。(販売店・認定店等が保守を行う
【リース複合機】
メリット:現行機種なので使用可能期間が長く使える。
カウンター料金の単価が中古より安くメーカーメンテナンスが受けられる。
デメリット:リースの為契約期間がある
【中古複合機】
メリット:本体価格が安い
デメリット:程度が悪いと使える期間が短いくカウンター料金が高い。
メーカーメンテナンスは受けれない(販売店・認定店等が保守を行う)
【レンタル複合機】
メリット:いつでも返却が可能。
デメリット:毎月のレンタル料金が高いくなり、中古機の為利用可能な期間が短くなる場合が多い
カウンター料金が高い。
中古機同様メーカーはメンテナンスは受けれない。(販売店・認定店等が保守を行う
様々な手続きによっては変わりますが、大体1~2週間前後が一般的とお考え下さい。
複合機を無線LANで利用できるか否かは、機種によって異なります。
メーカーにより無線LANカードのオプション製品がある複合機と無い複合機がありますので、一度お問い合わせください。
ご購入の内容によっては別途お見積させていただき、ご回答させて頂きます。
新規事務所開設などございましたら、ご遠慮なくご相談ください。

お問い合わせ

ご質問の内容によっては、担当部署より直接ご回答させていただく場合がございます。 予めご了承ください。